RSS | ATOM | SEARCH
PROFILE
作家・評論家

1957年 東京都武蔵野市で生まれる。
日本大学芸術学部写真学科中退。フリーのカメラマンから作家に転身し、現在はフィクションとノンフィクションの両分野で広く活躍する。
パリダカールラリーにプライベートで2回出場し、1990年にはドライバーとして完走。モータージャーナリストとしての自動車評論は辛口で一時評判になった。自然・冒険に旺盛な感覚を持ち、プロレスラーの大仁田厚氏とのオーストラリア釣り旅行や石神井公園ワニ騒動・アウトドアの達人・等テレビ出演も多い。2001年には南米アマゾンにも釣り行し、160Cm、40Kgという巨大なピラルクを釣り上げた記録も。
1990年に発表した「小説KAPPA」では、一時映画化が企画されながら不慮の事件で中止されるなど、作家としては不遇の一面もあった。しかし2005年5月に発表した『下山事件・最後の証言』で翌年第59回「日本推理作家協会賞・評論その他の部門」を受賞。さらにこの年に出版した『TENGU』で翌年の第9回「大藪春彦賞」を受賞し、一気にベストセラー作家となった。
◆最新刊◆
『DANCER』(2006年7月27日発売・文藝春秋)
『KAPPA』復刊!(2007年3月・徳間書店)