RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
中国は何を考えているのか
130205_2212~01.jpg
今日、信じられないようなニュースが流れた。
去る1月31日、東シナ海の公海上で中国海軍のフリーゲート艦が日本の海上自衛隊の船舶にレーダーを照射。防衛省の分析により、これが火器管制レーダー(ミサイルなどの照準レーダー)であったことが判明した。しかもこの時、中国のフリーゲート艦は実弾を装填していたという。
これは明らかに異常な行為だ。戦争行為、と言ってもいい。道路上で、実弾の入った拳銃を人に向けるのとまったく同じだ。「撃たなかったのだからいい…」ではすまない。中国は、狂っている。
『チャイナ・インベイジョン』の結末が現実になりそうで恐ろしい。
author:柴田哲孝, category:-, 22:29
comments(4), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:29
-, -
Comment
こいつら…日本が話を作り上げたとか言ってますね、人民日報の環球時報がのたまってるみたいです。
理解に苦しむ大陸です
福島組, 2013/02/07 12:34 PM
中国は経済の失速に伴い、民衆も軍部も政府のコント
ロールが効かなくなってきつつあるように感じます。
しかし、次は天安門のような無理はできないでしょ
う。民衆決起による国家分裂か、はたまた軍事クーデ
ターか。
komo, 2013/02/07 2:02 PM
福島組さん、komoさん、コメントありがとうございます。全く中国は恐ろしい。今回の件も新聞は「日本の自業自得」などと書いている。一方で日本に毒(大気汚染)を撒き散らして憚らない。謝りもしない。あの国の隣に日本があることが、不運だったとしか言いようがないですね。
TENGU, 2013/02/07 3:02 PM
来年くらいになったらスッカリ忘れてそうな日本人もある意味こわい
壱廊, 2013/02/16 8:40 PM